スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宵闇ふぁみりー第六話

2009-08-05 | 23:06

宵闇ふぁみりー
-第6話-           

白い闇を抜けると視界が急に広がる。
急激な視界の広がりに目の調整機能が追いつかないのだろうか、軽い目眩を感じる。
この感覚には、何度やってもなれやしない。
碇流の退魔術には、退魔とは何の関係もない術が幾つもある。
今僕が使っている回想術もそのひとつ。
昔のことを、本人も覚えてないぐらいに正確に思い出したい時に使うと便利なんだけど…
問題もある。
近くに人が寝ていると、そちらの回想と混ざる恐れもあるし…さっきはいきなりかあさんとのラブシーンだったし…
さらに、誰かと一緒に抱き合って眠ると…

「シンジお兄様、ここってどこなんです?」

「碇流退魔術の基本は、異界の扉を開き、固定することなの。
 並行宇宙を繋ぐことも、常世を現出させることも、過去と未来と現在を見通すことも可能よ」

知らなかった、そんな凄い術だったのか。

「すごいです、シンジお兄様」

いやあ、それほどでも。そんなことやったこともないし…

「理論的に可能ということだろう。それに、そんなスーパーなシンジは好みじゃないな」

「それじゃあ、普段のシンジは好みなの?」

「ば、バカなことを」

「とにかく、碇流退魔術のうち回想術は、過去の世界への扉を開き、夢の中で固定させる術よ」

そうだったのか…

「さあ、ワタシとシンジの愛の歴史の重みを思い知って、うちのめされるがよい」

なんとなく悪役みたいだね、レイ。
もちろん、なんとなく感じただけで根拠はないんだけど…

[宵闇ふぁみりー第六話]...続きを読む

Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。