スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想シンジ無用第二話Eぱーと

2009-12-12 | 10:33

妄想シンジ無用          

 -第2話-アスカが出たEぱーと                           



ギャラクシーポリス中央星域第13管区派出所

微妙に緊張した室内。
もちろん、私はがちがちに緊張している。
年に一回会うことがあるかどうか・・・そんなお偉方がモニターに映っているのだから。
その人は、ギャラクシーポリス長官にしてこいつの祖父。

傍らの相棒に目をやる。

「うん?マユミちゃん、どうしたの?」

「・・・なんでもない。」

「じゃあしゃきっとしなきゃあ。
 お祖父ちゃんは、はきはきしない娘はダメダメなんだから。」

目をモニターに戻すと・・・
何を考えてるんだろう?
顔の大半を覆うバイザーによって、表情がわからない。
怒っていないわけはないと思うけど。

「うん?そうなの?」

「???」

「わかった。じゃあ行ってくるから。お正月には帰るわね。」

ふぃーん

モニターがブラックアウトする。

「何がどうわかったの?」

「マユミちゃん、キいてなかったの?
 ホンとにダメダメちゃんね、メッ。」

軽い眩暈が・・・もう聞かないほうがいいかも。

「お祖父ちゃんの念波によると・・・
 アルカトラズ監獄惑星から、逃亡者が108人出たらしいの。
 原因不明の事故で、重犯罪者ファイルが消去された混乱に乗じた脱走よ。」

原因不明にしたのか・・・

「108人のうち107人は、もう捕まえたらしいの。
 私達で最後の1人を捕らえるのよ。」

「誰?」

「アカデミーの誇る天才科学者マナよ。」

「ということは・・・」

「そう、お姉様に会えるの

こいつは

とにかく、脱走したマナはまっすぐリツコのいる星域に向かったそうだ。
銀河辺境星域太陽系に・・・

「捕まえるまで帰らなくていいそうよ。
 がんばろうね。」

島流しね

                       ○○○○○

寝室

アスカは既に破れたモン吉スーツを脱いでいる。
といって裸なわけではなく、シンジのシャツを直に着こんでいる。
シンジが正気になれば、薄い布地越しに透けるピンク色のぽっちりに気付くだろう。

「ねえ、これって夜這いっていうのよね?」

「・・・」

「ねえ?」

傍らの半裸のシンジに視線をなげる。
気絶してる?
たかがあれぐらいで・・・

                      ○○○○○

ちょっと前

「・・・上げ底」

みたわねーーーーー

見てない。揉んだだけだよ。


「バカ」
同じバカでも、あっちのが使いでがあるかも・・・
シンジ君、ごめんなさいね。

タタタタタタ


足音・・・
 まさか、洞木さん、僕を見捨てたの?


「何ぶつぶつ言ってるのよ。
 覚悟はできたの?」

「勘弁してよ。アスカさんがペチャパイだってことは内緒にするから・・・
 だから僕を地球に帰してよ。」

「ふふふふふふ
 言ってはならないことを言ったわね。
 皇女のみに伝わる秘儀を出すときが来たようね。」








「ふ~、どう?まいった?」

金色が・・・

「これ借りるわよ。」

借りるといいつつ、有無も言わさずシンジのシャツを剥ぎ、素肌に纏うアスカ。

                      ○○○○○

タタタタタタ

どこいったんだろう、トウジのやつ。
必要な時にはいつもいないんだから。
シンジ君の口から私の名が漏れる前にしまつしないと・・・
最低限、シンジ君の口は塞いでおきたいわ、永遠に。

ミスターT「ケンスケ、どうしてもやらんといかんのか?」

ミスターT?でもこの声はトウジ・・・
また新しい遊びでも考えたのかしら。
・・・ともあれここは

ビリッ
お気にな服だけどしょうがないわね。
もうちょい破くか
ビリッ

「よし、いくわよ、ヒカリ」

                      ○○○○○

ちょっと前

ボム

携帯端末が爆発した。
レイの瞳が・・・深紅の瞳が開く。

ミスターT&K「「うわわわわわ」」

「・・・」

レイが手を伸ばして広げる。
何かを抱きしめるように。

ふわっ

ロンギヌスの槍がレイの手に抱えられる。

「碇君、私が守るもの。」

ミスターT&K「「・・・」」

深紅の瞳が何かを二人に伝える。



地面にマジックサークルを描くミスターT

自分の手首を切って血を捧げるミスターK

マジックサークルの中心にロンギヌスの槍が突き立てられ、
その脇にレイが立ち、呪文を唱えている。

「べんとらべんとらスペースピープル。
 べんとらべんとらお友達。」

何かの召還呪文のようだ。

ミスターT「ケンスケ、どうしてもやらんといかんのか?」

ミスターK「しょうがないさ。」

ミスターT「ほうか。じゃあ始めるとしよか。」

ミスターT&K「「べんとらべんとらスペースピープル。」」


きゃああああああ

ミスターT「なんや?」
声のした方を見ると、ズタズタの服を着てよろけながらこちらにくる少女の姿。

ミスターT「ええい、こないなト書き、うっとしいわい。」

「大丈夫か、ヒカリ?」

「ええ、でも、お姉様が・・・
 シンジ君に襲われてるの。
 シンジ君たら、私を押し倒してる途中にお姉様に見つかって・・・
 それで今度はお姉様を・・・」

「そないなやつやったんか。
 どうやってもでれそうもない牢を破ったくせに強姦とは・・・」


 脱走方法を考える前にお姉様を助けなきゃ。」

ミスターK「平気じゃないかな。
      シンジが襲われるならありうるけど」

ビクン

「そうやな。
 それやったら、へたに助けに行ったら邪魔になるわな。
 真っ最中かもしれんし。」

ビクン

「違うわよ。確かに、お姉様が襲われてるの。
 胸なんか揉みくちゃにされてんだから。」

ビクン

「ペンペン」

くうううううん

突き上げるような衝撃

「大きい地震やな。」

「違う、宇宙船だよ。
 この反応は・・・レイの船だ・・・たぶん。」

いつのまにか、もうひとつ出した携帯端末で照合を開始しているケンスケ。
レイの方に向ける。

「やっぱり、宇宙海賊レイだ。」

「・・・そう、よかったわね。」

「ここであったが百年目・・・
 なんでもありません。」

氷のような視線でケンスケを完黙させる。

「ペンペン、降下」

くうううううん

「「「な」」」

                      ○○○○○

ぷにぷに
気絶しているシンジの頬をつつく。

「ふふ。
 こうしてみると可愛いわよね。
 夜這いなんて初めてだから。だから・・・
 こいつでいいかな。」

シンジの口元についていた金色のものをはらい落とす。

「アタシの事だけ見てくれるのなら・・・
 ・・・だったらいいよ。
 シンジ

唇をそっと寄せる。
初めての・・・

ガガガガガガガ

「な、何?」

ウイーン

勝手に電源の入るモニター

ミスターK「艦長、お取り込み中失礼します。」

「何よ、ミスターKって?」

ミスターK「本艦は、海賊船に襲われ、地球に落下中であります。
      どうぞ。」

ケンスケが脇にどくと、モニターの前に水色の髪の少女が現われた。
トウジが攫ってきた女だ。

「碇君は私が守るもの。」

なに言ってるの、こいつ?

「バカいってないでやめなさい。
 アンタだって死ぬのよ。」

「守るもの」

「ちょっと」

「守るの」

ミスターK「艦長、回避、間に合いません」

「守る」

「居住区、強制分離。
 エンジン逆噴射。」

                                     ○○○○○

目が覚めると見慣れた天井。

ここは、僕の部屋。僕のベット。

夢か・・・
そうだよね。洞窟にいたひからびた娘。宇宙から来たらしい仲の悪い姉妹。
そんなのが実際にいるわけないんだから。

・・・起きよ・・・
・・・動かない・・・

毛布の中でもぞもぞ動いてる。
ふにゅ
覚えのある感触。
・・・また、詰め物してるのか。

ふにゅ
あれ別の胸の感触。

「あん

可愛い声

まさか・・・夢じゃなかったの?


「「おふぁよ。シンジ(シンちゃん)」」

「お姉様、手伝ってよ~。
 竜王が沈んじゃう。」

洞木さんもいるのか。

どうなっちゃうんだろう、僕の生活。


                        第2話Dへ                     第3話へ

 

Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

妄想シンジ無用第三話

2009-12-31 | 06:09

妄想シンジ無用
         
-第3話- こんにちはペンペン                           





髪に真っ赤な髪飾りをつけた少女が走ってくる。
一面の花畑。その中を紫色の花の冠を持って・・・
アタシだ。そう、アタシはまた、あの夢を見てるんだ。
何回も見ているけど、色褪せたりはしない。
そんな夢・・・

花冠を後ろ手に隠し、青年の前に立つ少女。
はにかんで目を合わせないが、少女にはわかっている。
目の前の青年が、優しく微笑んでいるに違いないことは。

「アタシ・・・
 お兄様のお嫁さんになるんでしょう?」

昨夜、少女の父母が話していたこと。少女には難かしい話だったが、そこだけはわかった。
嬉しかった。
このことを知れば、きっと、青年も喜ぶだろう。だから伝えた。
でも・・・

「おおきくなったらね」

青年は少女を抱え上げ、顔をのぞきこむようにして言った。
青年の言葉に一瞬ムッとしかけた少女だが、青年の瞳を見て思い出した。
贈り物があったことを。

「ほら、お兄様の目の色よ。綺麗でしょ?」

隠していた花冠をそっと青年の頭にのせる。

青年は、笑顔を強張らせると少女をおろし、独り言のように呟いた。


「この花はね、贈り物には使わない・・・いや使えないんだ。」

花畑が消える。
かわりに現われたのは燃え上がる人家、逃げ惑う人々。
高らかな笑い声を上げて、破壊活動を行う宇宙海賊。

「おのれ!」

青年が駆けていく・・・
焔の向こうに消えていく青年・・・
自分の手の届かない所にいってしまう・・・

「アタシもつれていって」

抱きついた影がシンジに変わる。

「リョウジ?何百年も前の人だから・・・
 亡くなってるよ。」
 

いやあああああ

自分の叫びで飛び起きる。ここの所、ずっとそうだ。
どこから夢で、どこから現実か・・・わかっているけど、願わずにはいられない。
全てが夢でありますように・・・
目が覚めたらベットの上で、隣には加持さんが寝ている・・・
そして、

「怖い夢でも見たの?」

と優しく言ってくれるの。

「・・・って
 なんでアンタが寝てるのよーーー


       ○○○○○


ペンペンと竜王がもつれて落下した結果、碇神社の敷地には大きな穴があいた。
かなり深く掘り返したため、温泉が湧き出し、大きな天然の露天風呂状態になっている。
大喜びした総司令は、温泉湖をジオフロントと名付けて整備拡張工事を命じた。
今、突貫工事で女風呂と男風呂とシンジ風呂が造られている。

その温泉湖の上にレイがいた。

「ここね」

レイの姿が湖底に遷移する。

ガレキの中から卵を探りあてると大事そうに抱え、今度は碇家に遷移した。


       ○○○○○

碇家第二発令所(リビング)


「ねねねねねね
 それ何?」

「見てわからない?卵よ。」

「ヒカリ、おのれはそないなことも知らんのかいな。」

「トウジ、仕方ないよ。お姫様なんだから。」

アッガイ

「「ぐほっ
 範囲技を使うとは・・・やるな」」

「卵だってのはわかってるわよ。
 私は金目のものかどうかを・・・げほごほん」

チロッと二階の方を確認した後、真剣な顔をするレイ

「実はね・・・」

近づいたヒカリの耳にささやく

えーーーー
 シンジ君の子供ーーーー


「またかいな。
 ソウリュウもとことん男運がないわな。」


       ○○○○○

寝室

「さあ説明しなさい」

シーツを体にまきつけ、シンジを睨みつけるアスカ。
あることに気付いてからは、そっちの方に意識を集中しているが・・・

「パ、パンツぐらいはきなさいよね、まったく。」

「う、うん」

「あ、待ちなさい。一緒に寝てた理由が先よ。
 それ次第じゃ、すぐ脱ぐんだから・・・げほごほん」

「えっと・・・」

「とにかく、キヲツケ。
 手は、体側に。前を押さえたら見えないじゃない。」

「昨日のこと、覚えてる?」

昨日?
確か、散歩中にシンジと総司令が稽古してるとこ見かけて・・・

「そういえば、なんでアンタが皇女のみに伝わる秘技を・・・」

聞いたところで答えるわけがないか・・・
総司令にもはぐらかされたし、おまけにあのオヤジ・・・

人を思いっきり投げ飛ばしてーーー

「いきなり技を出したアスカも悪いと思うけど」

「アンタ、アタシよりあの髭オヤジのカタをもつっての?」

「ゴメン」

「まあ、いいわ」

髭オヤジとの闘いから転進したアタシは、シンジに背負われてあげてたのよね。
きっとアタシの胸の感触で、前かがみになってただろうけど。
残念ね。いくらアンタがアタシに惚れてもダメなの。
アタシは加持さんのモノ・・・あ~ん、モテル女はつらいわ~
「パットが飛んで、なくなってたんじゃないかな。
 あんまり、ふくらみは感じなかったし」

百式

むがっ

「人の独り言にまでつっこんでじゃないわよ。」

「むが、ふぐ、ほご」

「あん
 そんなに激しく動かさないで。」

「むぎ、こんぐ、ふろんが」

「ねねねねねね
 なんて言ってるのかな?」

「雨に降られたので、小屋で雨宿りをしたそうよ。
 そのうちに寝てしまったようね。シンちゃんを小屋の外に待たせたままで。」

「ソウリュウ、非道やな」

「それで、寝てしまったアスカを連れて帰ってきて、体が冷えてたんで人肌で温めていたそうよ。
 いびきがうるさくて寝れなかったらしいわ。」

「なんだと」

「ふんが、ふぐ」

「臭いから、早く解放してほしいそうよ」

「毎日、お風呂に入って洗ってるわよ。
 そんなに言うなら、今日からアンタに洗ってもらうわよ。」

ぶはっ
 そんなこといってないよ。イイ匂いだよ。」

ゾゴック

なんでワイがーーー

「匂うなんていっちゃダメ。」

「ゴメン」

「ホントに洗いっこスル?」

「「うんうん」」

シャア専用ズゴック

うわあああああああ


「ホントに懲りないわね」

「そうね」
出しそびれた卵をもてあそびながらレイがこたえる。

「温泉で勝負ね。それまで孵化しないでね、ペンペン」

くーん


第2話Eへ               第4話へ

Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。