スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手乗り龍のしつけ方 第五話 60%の笑顔

2009-08-09 | 13:23

ここに掲載されている物語は完全なるフィクションであり、実在するいかなる個人、団体とも関係ありません。

 

手乗り龍のしつけ方

第五話 60%の笑顔

 

 

 

 

60%の笑顔は知的に見えるそうなの」

 

それでか、最近、頭がままならない残念な娘という評価が固まりそうだから。

ニアが鏡に向かって半笑いしてるんだけど・・・

顔面左側だけ笑顔つくったり、右側だけ笑顔にしたり・・・

60%っていったら鼻筋よりちょっと向こう側まで入るわねとかいいながら。

 

60%は程度のことをいっているので、顔面の表面積のことではないのですが。」

 

「さすが姫なの。姫なら60%の笑いを体得できると思うの。」

 

「どちらにしろ知的には見られないわね。」

 

さっきから何をしているかというと、覚醒の儀の事前チェック。

ペーパーテストをしているんだが、問題はこの世界の常識クイズで・・・異世界の常識を俺に問うて意味があるのかな。

もう一人の俺にバトンタッチ・・・してもしょうがないな。

これが終わると、体中のサイズを測られる。

なんでも、手乗り龍を覚醒させると強力な術力の解放が起きる。勢い、体のどこかに龍身が宿る可能性が高くなる・・・そうだ。

普通の龍ならそこまでの心配はいらない。

手足がちょっと長くなるとか、一重だったのが二重瞼になるとかの地味な変異が起きる程度で龍の体への置き換えは起こらない・・・らしい。

まあ、なんにしろ、それが皇族にではなく、ツガイである俺の側にしか起こらないのが不公平すぎる。

ニアだと角なんかが似合いそうだけど。

[手乗り龍のしつけ方 第五話 60%の笑顔]...続きを読む

Theme : 自作小説
Genre : 小説・文学

手乗り龍のしつけ方第六話 制服男子ドクトリン

2009-09-13 | 23:20

ここに掲載する物語は完全なるフィクションであり、実在するいかなる個人、団体とも関係ありません。

 

手乗り龍のしつけ方

第六話 制服男子ドクトリン

 

 

  

「う~ん」

悩んでいる声を出しているニア。

ちらちらこっちを見ながらなのは、かまってほしいからかな。

でもまあ、それどころではないしな。

 

「どうなのかな~」

ちょっと声が大きくなっている。

しかしまあ、ものすごくくだらない事で悩んでそうだしな。

 

今の俺の現状は、右手に伯爵、左手にミュウ。

前には伯爵のおさがりの浴衣を着たリトがはしゃいでいる。

 

「ネコママ、見て。綺麗よ~」

くるくる回って、楽しそうに。うんうん。可愛い可愛い。

 

「伯爵、どうもありがとうございます」

 

「主様、そんな他人行儀な言い方をなさらないで」

伯爵を枕に寝てしまったのが、何故か、伯爵の琴線に触れたらしく、朝からデレまくりになっている。

 

「ミュウも枕してたの」

そして、何故か、ミュウも対抗してるし。

 

それにしても、リトの左手を握って一緒にはしゃいでいる座敷わらしみたいな子は誰だろ?

いつからか、気づいたらリトと一緒にいたけど。

 

「リト、その子は誰だい?」

 

「仲良くなったの」

 

「ね~」「の~」

 

リトと座敷わらし(仮名)が向かい合って、お互いに右に頭を傾がせながら言う。

微妙に気があってないのかな。

 

「どっ、しょっ、かな~」

ニアのアピールが露骨になってきた、というか、近づきすぎだ。

俺たちが座っているテーブルとは別のテーブルに座っていたニアが、俺のすぐ後ろまで椅子を動かしてきてかまってオーラを発している。

しょうがないか、もうそろそろかまってあげよう。

 

[手乗り龍のしつけ方第六話 制服男子ドクトリン]...続きを読む

Theme : 自作小説
Genre : 小説・文学

手乗り龍のしつけ方第七話 進化の系図

2009-10-21 | 13:06

ここに掲載する物語は完全なるフィクションであり、実在するいかなる個人、団体とも関係ありません。

 

手乗り龍のしつけ方

第七話 進化の系図

 

 

 

 

七竜軍の中枢の大貴族は、2公爵、1方伯、2侯爵、2伯爵からなっている。

領地の名前をつけてあげていくと、横浜公、名古屋公、札幌方伯、神戸侯、福岡侯、

広島伯、仙台伯となる。

盟主は、名目上、横浜公となっているが、実質は札幌方伯が取りまとめている。

唐突だが、皇国の国民的気質として、集団行動がとても苦手というのがある。集会は

とても好きだが、それぞれが勝手な時間を過ごしているので、結局、その集会によっ

てなにかが産まれることはない。

個々人が好きに力を発揮させるので、ユニークな発明は多々ある。だが、集団の規

律が重視される組織的行動、例えば、軍事行動などはとてつもなく苦手としている。

皇国の歴史を紐解いても、数万の軍勢が動くのはまれであり、ましてやそれが内乱で

起こったことなど皆無であった。

皇国気質の例外なのが札幌方伯領で、北からの移民が多く、シビル・ハーン国に

近い気質になっている。

つまりは、集団行動が得意で、個人的な力よりも組織としての力を重んじる。方伯自

身も母親がシビル・ハーン国の亡命貴族ということもあり、気質を皇国土着の貴族と

は異にしている。

これが七竜軍のリーダーシップを実質的に札幌方伯がとる所以だ。

今回の七竜の乱では、皇国軍と七竜軍あわせて12万の軍勢が動いているが、いまま

での対戦全4戦あわせても、死傷者はとてつもなく少ない。

皇国軍の崩れ方が早すぎるのと、七竜軍の追撃がほとんど行われていないせいだ。

そのかわり、捕虜はかなり多い。それもほとんどが司令部付きの高級幕僚達。

直進してくる方伯軍に狼狽えて後退を重ね、逃げ場を失って捕まるというのがパター

ン化していた。

敗戦を重ねて士気が落ち込み、手詰まりに陥っていた皇国軍だったが、今回のニセ

コ要塞出現によって方伯軍が引き上げるという事態を契機にし、勢いを取り戻そうとし

ていた。

[手乗り龍のしつけ方第七話 進化の系図]...続きを読む

Theme : 自作小説
Genre : 小説・文学

手乗り龍のしつけ方第八話 いもうと軍師

2009-11-02 | 22:56

ここに掲載する物語は完全なるフィクションであり、実在するいかなる個人、団体とも関係ありません。

 

手乗り龍のしつけ方

第八話 いもうと軍師

 

 

 

 

 

寝子達が寝てしばらくたった後、ロイエンタールがそっとベッドに近づく。

 

「夏梅様、お目覚めですか」

 

ベッドの上で寝子の姿をした人影がうごめく。

自分に絡まっていた伯爵の腕とミュウの足をそっとほどき、キティの胸のずれを直してあげて起きあがる人影。

よく見ると表情が普段の寝子とは変わっている。

瞳に強い意志と高い知性を宿している。

 

「ちー兄様も頑張ってますわね」

作業途中の映世の地図を見やって呟く。

 

「ロイエンタール、おはよう」

 

「おはようございます、夏梅様」

うれしげに、しっぽがあれば振り切れるぐらいに振っているだろう勢いで答えるロイエンタール。

 

「驟雨、翠雨、淫雨もおはよう」

 

「「「おはようございます、総主教様」」」

 

龍神官のお姉さま方もうれしげに答える。

 

「ちー兄様も遺伝子調整を知ったわけですし、もう少し大胆に行っても大丈夫でしょうね」

 

「是」

「諾」

「信徒と我らが朋輩を【大量生産】いたします」

 

「産み育てた信徒は順次、要塞に配備しなさい」

 

「諾」

 

「ロイエンタール、要塞への配備が完了したら、仙台伯を潰します。

その後、ニアお義姉さまを中心にした政権樹立を正式に宣言いたします」

[手乗り龍のしつけ方第八話 いもうと軍師]...続きを読む

Theme : 自作小説
Genre : 小説・文学

手乗り龍のしつけ方第九話 男の娘色

2009-12-14 | 23:54

ここに掲載する物語は完全なるフィクションであり、実在するいかなる個人、団体とも関係ありません。

 

手乗り龍のしつけ方

第九話 男の娘色

 

 

 

 

 

好きな色は?と聞かれれば、いつも赤と答えていた。

小学生の頃の上履きは、男の子が青、女の子が赤と決められていた。

俺は、そんな男の子色、女の子色と決められるのがいやだったから、2歳下の妹が履く赤色の上履きが羨ましかった。

だから、青色の上履きを赤色で塗り変えようとしたんだ。

その結果は、紫色の上履き一つ。だれも身につけていない男の子でも女の子でもない色。

俺にはふさわしい色なのかもしれない。

見かけはまるで男らしくなっていない。呼ばれ方も寝子だし・・・でも・・・

青色は海の色、空の色。赤色は炎の色、太陽の色。

赤色は熱く、暑く、暖かい色。

だから赤が好きだった。

暖かな気持ちになるのは、うれしかった。

猫のように兄や妹とともに日溜まりでまるまって、温もりの中にいつまでも浸っていたかった。

そう、忘れていたんだ、赤は血の色でもあるということを。

 

一面の赤、その中に散らばるパーツ。まただ。

どこの情景なのだろうか、記憶にはない。

あの赤が何の赤なのか、あのパーツが誰の一部なのか。

そんなことわかりはしない。

そう、けっして、決して、結して、ワカリハシナイ。

目覚めたくない、気持ちが悪い、でも目覚めなければ・・・

もう兄妹が微睡む日溜まりはどこにもないのだから。

[手乗り龍のしつけ方第九話 男の娘色]...続きを読む

Theme : 自作小説
Genre : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。