スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宵闇ふぁみりー第五話

2009-07-02 | 21:12

宵闇ふぁみりー
-第5話-           

10年前のことだから…
やっぱり、あのことから思い出すべきなのかな。

よ~し

いそいそ
いそいそ

「何してらっしゃるの?
 シンジお兄様」

「見て判らないの?」

「判らないから聞いてんのよ」

しきしき
しきしき

「布団敷いてんじゃない」

「なんでよ?」

「回想するからに決まってるでしょ」
ゴリゴリ
ゴリゴリ

「で?」

「ん?」

「あんたは何してんの?」

「走馬燈を回してんの」

「それは石臼だろう」

「牧ちゃん、他人の男(シンジ)ばっかり追っかけてないで常識を学ばなきゃ」

「どっちがよ」
「ば、バカなことを…」

う…

「ん?」

う、うぐわっ

「はじまったわね」

「そ、そんな。胸がない」

ごきゃ

「ありゃっ?」
レイの肘の下には、サングラスの怪しい男

「あんた髭メガネにもちょっかいだしてたの?」

「人ぎぎの悪いこついわんといてつか~さいっちゃ」

「動揺してるわね」

「私は、ママほど悪趣味じゃないわよ」

うわ!

今度は確かにシンジの声だ。
ゲンドウとは逆向きに寝ている。
いわゆる北枕というやつだ。

うわあああああああん

「なんか艶っぽいわね」

「いきなりそんな…
 か、かあさん

「「「かあさん?」」」

こそこそ

「「「か・あ・さ・ん・?」」」

「い、一回だけよ」

「「「ん?」」」

「すみません4回ぐらいだったかも」

「「「ん?」」」

「え~っと15回はいってたかな」

「「「……」」」

「シンジったらとっても激しくて

「「「……… 」」

「ちなみに今のは冗談よ

 ……と言うのが遅すぎたわね」

ぶぉおおおおん

ゴトー・牧のモーニングスターがうなる。

びゅん

明日香の鞭がしなる。

がう

ガスッ
ビシッ
AUTCHI

噛みつこうと飛びかかったレイが全ての攻撃を受けてしまう。

「愛する人への攻撃を身を挺して防ぐとは…ちょー献身的ね。
 ご褒美にシンジと一緒に寝かせてあげようかしら」

ごそごそ
もちもち
ぱぱぱぱ

「あらあら、この娘ったらこんな勝負下着を…
 …私よりいい下着を着けるなんて生意気…もとい、教育上問題があるわね」

ぬがしぬがし

「あらあら、本当に胸がないわね」

「母親からの遺伝…」

ゴスッ
ぐほっ!!

目覚めかけていたゲンドウが沈んだ。



「むにゃむにゃというものが食べたい(寝言)」

レイの腕がシンジの頭を抱える。
発育の控え目な胸の先端が、ちょうどシンジの唇に触れる。

「あん(寝言)」

桜色のつぼみを軽く噛んで、さらに舌で愛撫をくわえるシンジ。

「もひとつ食べたいムニャムニャ(寝言)」

レイがシンジの頭を抱え直し、今度は反対側の左胸に導く。

ごくっ

「目が覚めてるんじゃないのか」

ギクッ

「そんなことないよムニャムニャ(寝言)」

「そうよそうよウ~ン(寝言)」

「わたしが言ったのは、レイのことなんだけど…」

「なんだ…ムニャムニャ(寝言)」

「何を証拠に…ウ~ン(寝言)」

「シンジお兄様、そんな無い胸で満足しちゃいけません」

「余計なお世話よ。
 形なら自信あるんだからウ~ン(寝言)」

「確かに揉みごたえに物足りなさをムニュムニュ(寝言)」

「あん。なんですって~(寝言)」

はかりはかり

「明日香ちゃん、はい、バンザイして~」

はかりはかり

「結果は勝者に直接伝えます」

ぼそぼそ

「ふっ、勝ちました

目の前で堂々とひそひそ伝えるな~(寝言)

「数センチの差だから熱膨張で逆転可能だと思うけど。
 あっためてみる?レイ」

(寝言)」

「私なら数十センチの差だな」

「あらあら、まあまあ。
 もてるのね、シンジ。
 じゃあ、みんなで寝ちゃいなさい」

ぬがしぬがし

「ちょ、待って」

ぬがしぬがし

「自分で脱ぎますぅ」

「あらあら、まあまあ。
 でも…布団一つに4人はきついかしらね…」

くいっ、くいっ

「でも…抱き合えばいいんだしね」

ぐいっ、ぐいっ
ぐわったったったた

手招きしていた手が両方つってしまい、地獄の苦しみを味わうゲンドウであった。



                                                                つづく

四話へ       六話へ

スポンサーサイト

Theme : 二次創作
Genre : 小説・文学

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。