スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宵闇ふぁみりー第一話

2009-06-17 | 23:40

宵闇ふぁみりー

-第1話-                           

 
闇を切り抜いてきたような真っ黒の着流し。
黒の羽織に黒の手甲。
黒足袋に黒の下駄。
ちょっと離れてしまえば、闇に紛れて見失ってしまいそうだ。
……いっそのこと見失ってしまおうか

「もうすぐだ」

射るような視線。
漆黒の男の顔には、やはり黒のサングラス。
あきらめるほかないんだろう…
「わかってるよ」

僕の家は、代々憑物落しを生業にしていた。
過去形なのには訳が在る。
今は憑物落しを生業にしていないからだ。
御先祖様には申し訳ないけど、憑物落しに最も必要な詭弁を弄せないんじゃしょうがない。
とうさん、無口だもんな。

『問題無い』
『シナリオどおりだ』
『ニヤリ』
でつまって、結局、力づくになるんだから。

「問題無い。
 退魔士に呪文は必要ない」

ホントにそうなのかは知らないけど、少なくとも碇流の退魔法には呪文はない。
かわりにあるのが・・・

漆黒の装いの中の唯一の色
手甲の五芒星が白く闇に浮かび
消えた

ドサッ

またどっかに落っこちたな。
だからサングラスは止めろっていってるのに。
もう独りで行こう。


なんだか得体の知れない(ことにした)うめき声を後に残し、
僕は、湖上の古城を視界に入れる。

あれが今回の獲物が棲む城。
日本にいづらくなってドイツに来た僕等の初仕事。
失敗するわけにはいかないんだから、やはりとうさんは置いてきた方がいいだろう。
その方が僕もやりやすいし。





              ○○○○○○





月がキレイだ。
湖上に真ん丸い月がおちている。

いけないいけない
トンでもない失敗をするのは、いつもこんな時なんだ。
…でも
こんな月の綺麗な夜にウカレナイ方がどうかしてるかも…

トン
トンタタ
トン

古城の階段を踊りながら上がる。
黒の羽織が体の動きにちょっと遅れてヒルガエル。

クスクス

カッ、
カッ

誰かいる。

…ちょっと気がそがれたのは否定できない。
どんな妖の登場かと思えば、こんなに…

「アタシ、明日香と言います」

12歳±1ぐらいの女の子がスカートの裾をつまんでちょこんと頭をさげている。
場所が城壁というのが異常だが、可愛らしい子だ。

ひらり

スカートがいきなり広がる…
…って飛び降りた

「ば、」

シュタン

なにごともないかのように目の前の少女が微笑む。
蒼い目がキラキラ輝いて

「貴方、どなた?」

「あ、僕はシンジ、碇シンジ
 …です」

「シンジお兄様ですね」

お、お兄様。
実の妹にもそんな言い方してもらえなかったのに。
最近は呼び捨てだし…

「シンジお兄様?」

「あ、ゴメン。
 なんでもないよ」

「シンジお兄様は、どうしてここに?」

「お化け退治を頼まれたんだよ」

「お化け?どこにいるんです?」

「これから探すんだ、この城をね」

「じゃあ、アタシが案内しますね」

「いいの」

「はい。
 …でも、
 …そのかわり」

「?」

「お願いがあるんです」

「なに?」

「…キスさせて欲しいんです、
 お兄様に

「イカーン」


どがっ

 ぐほっ

「碇家の男は、30歳を越えるまで、女性に指一本触れられてはイカン」

「と、とうさん」

ぱちっ

彼女、明日香が指をはじくといきなり城壁の蔓が伸びだして

「な、何をする」

とうさんをぐるぐる巻きにして持ち上げて

ぐわーーーーっ

捨てた


トテトテトテ
「お兄様、ご無事ですか?」

あ、ああ
蔓が何故か僕にも巻き付いている以外はね

「くふふ
 身動き取れない殿方を襲うのも…」

すりすり
「さあ、お兄様、続きしましょ

彼女の吐息が首筋に
…いけない
20歳を過ぎたロリコンになってしまう僕がキスしたら
12歳が素敵だから
今はこのまま身を任せ…
…じゃなくて

ちゅっ
ああああ
ううううううううう
ああああああ
うううううううううう
ああああああああ
あ?
唇が首筋に
…って血を吸われてる?

意識が遠のく
ブラックアウトする寸前に見た光景
亜麻色の髪をかきあげて、唇をぬぐう美女
さっきよりも5、6歳は成長した明日香…

「オヤスミ。
 起きたらアンタはアタシの下僕。
 いい夢みてね」
 チュッ

 

  

つづく

                                       二話へ

スポンサーサイト

Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。