スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀少年第一章を金曜ロードショーで見ましたの巻

2009-08-23 | 21:40

8月21日に20世紀少年 第1章が金曜ロードショーでやってました。

浦沢直樹原作漫画を堤 幸彦監督で映像化ですが、それを見た人に聞かれました。


「全然わからない、結局、誰が悪者なの?」と


原作見てないと、まあ、よくわからないのかな、とは思いつつ、説明できん(涙)


伏線とか心理描写とかが細かく積み重なり、絡み合ってストーリーをつくってるのが、浦沢直樹漫画の気に入っている点なのですが・・・

そういうおもしろさって人に説明しづらいったらないです。


結局、あらすじを説明しましたが、なんだかホントにうすっぺら。

おとなしく続編を見せたほうがよいか

 

Theme : 日本映画
Genre : 映画

所さんの学校では教えてくれないそこんトコロのモーターショー

2009-08-22 | 09:33

8/21にやっていた所さんの学校では教えてくれないそこんトコロのスペシャルですが、

そこんトコロモーターショー2009夏がおもしろかった。

美人社長の乗るスーパー三輪車なんてのは、美人社長が好みでした(をひ)。

でも、車に600~700万円かけるのもなあ、と思っていたら、バットマンカーの改造費

は2500万円・・・ですか・・・

ウルトラ警備隊のポインター号そっくりの車も改造費は1000万円越え・・・まあ、私も

趣味のフィギュア関係でオークションを利用していましたが、2004年から累積で考え

ると500万円超えちゃってますが。

すきな道へつきすすむのもオタク道でありましょうか。

終りの頃に紹介されてた痛車がちっともイタク感じられないのがすごかった

関係ないすが、ポインター号のそっくりさんって、ワンフェスに行った時に駐車場にとま

ってましたな。コスプレに使うのかなあとか思ってなんとなく見てました私。

 

Theme : 生き方
Genre : ライフ

妄想シンジ無用 第一話

2009-08-19 | 22:40

妄想シンジ無用
         
-第1話-レイ復活                               




「ふう~」

僕は掃除の手を止めて、ふと、傍らの木を見上げる。
樹齢何百年になるんだろう?少なくともこの碇神社よりは古いと思うけど。

小さい頃の僕は、いつもこの木の下でじっとうずくまっていた。
ここで待っていれば、いつかはかあさんが迎えに来てくれると思っていたから。
でも・・・迎えにくるのはきまって・・・

「シンジ、おまえには失望した」
サングラスをくいっとあげてから後ろ手に腕を組む。

「じっちゃ・・・ん・・・」

サングラスの下から突き刺すような視線を感じる。
言い直さないと命にかかわる。

「そ、総司令」

「問題ない」

なんでだよ、問題おおありだよ。和服に髭面のサングラスだけでも異常なのに
御神体を磔になった白タイツ仮面に変えたり、神社の名前を変えようとしたり・・・
特務機関NERV総司令って何だよ?僕んちは神社なのに・・・

「シンジ、なぜ失望したのか聞かないのか?」

「別に知りたくないよ」

「そうか、好きにしろ。
 だが、セントラルドグマの封印だけは解いてはいかんぞ。」

なんか唐突だけど、この木から30メートルほど下ったところに洞窟がある。
3年ぐらい前からセントラルドグマって言われるようになったんだ。言うのはじっちゃんだけだけど・・・

「これを持っていけ、シンジ」

渡されたのは二股に分かれた赤い槍。
これって・・・御神体に刺さってたやつだ・・・

「これはロンギヌスの槍。封印を解く鍵だ。
 もう一度言う。封印はセントラルドグマにあるが解いてはいかんのだ。」

ふう~
つまり、封印を解いてこいってことなのかな。

僕は掃除の続きをはじめることにした。

「シンジ、いくのならば早くしろ。掃除ならば私がやる。」

箒を取り上げられたかわりに槍を持たされ、僕は洞窟へと向かうことになった。

洞窟といってもそんなに広いものじゃない。
ただ、僕がここに入るのは初めてだ。かあさんに入るのをとめられていたから。

少しすすんだ所でもう行き止まりになってしまった。
結局何もない。

ふう~
気が抜けたような感じがして思わず岩壁によりかかった・・・えっ、動く・・・

うわ~

よりかかった壁が急になくなり、僕は暗い坂道を転げていった。

ビッチャーン

水に飛び込むようにして止まった。
あれ、槍がない。

ひとしきり、まわりを見渡す。
この辺りは岩が光っていて少し明るい。

あっ、あった・・・けど・・・この娘だれだろう?

水の底に沈んだ青い髪の全裸の少女・・・槍はその胸に突き刺さっていた。

「死んでるのかな」

どっちにしろ槍が刺さって生きてる人もいないだろうが・・・
僕は様子を見ようと少女に近づいた。
その時、槍の色が根元から変わり始めた。どんどん刃先の方に向けて赤色が抜けていく。

赤色が少女の体に広がって・・・目が開いた。深紅の瞳・・・とても綺麗だ。

何すんのよ~死ぬかと思ったじゃない

バキーン


目が覚めた僕を最初に迎えたのは、じっちゃんの言葉。

「シンジ、あれほど言ったのに封印を解いたようだな。」

いや、あれは事故で・・・

「紹介しよう。セントラルドグマに封印されていたレイ君だ。
 これからおまえの許婚となるから阻喪のないようにな。」

「よろしくね、シンちゃん

僕はまた気を失っていた。




                                              第2話Aへ




Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

リボルティックジオラマ 野球

2009-08-17 | 22:15

秋葉原のイエローサブマリンのウィンドウディスプレイを見てると、かなりおもしろいです。

やっぱセンスが大事なのかなあとは思いつつ、自分でもやってみたりしました。

リボルティック使って、野球勝負でございます。

jiorama1           jiorama2

キャスティングは
審判:リボルテックヤマグチ No.45 グリフォン アクアユニット装備
ビッチャー:フロイライン リボルテック 002 遠坂凛
キャッチャー:リボルテックヤマグチ No.17 ゲッター3
バッター: リボルテック・セイバーオルタ

jiorama3          jiorama4

 

 

Theme : フィギュア
Genre : 趣味・実用

化物語第六話を見て

2009-08-16 | 21:23

オープニングがひたぎ嬢の歌だったので、びっくりしましたが、するがモンキー其ノ壱でございました。

神原駿河さんがあまり迫力ないような気が・・・原作で私が勝手にイメージしていたより背が低い感じだったからかな。

でも、声はいいです。あのうっとうしいレベルに近い褒め殺しセリフがさわやかな感じです(をひ)

内容的には、ここまでやっていいのか、というレベルの衝撃のひたぎ嬢シャープペンシル寸止めやレイニー・デヴィル襲撃がありましたが、

おもしろいで砂。

パンチがめり込むというか、頭砕けてるんだろうというレイニー・デヴィルのパンチの迫力。やっぱり映像化の醍醐味で砂。

次回も楽しみです。

でも、やっぱり八九寺真宵蕩れ~

 

Theme : 化物語
Genre : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。