スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいしてる

2009-06-11 | 21:24

昔、かたわれと運営してたホームページにのっけてたものを掲載します。
これからも自分の書いてた分をあげていきますです。
あと小説と現実を混同してしまう方は読まずにとばしてください。
オリジナルにしろ二次創作にしろ、書くのも読むのも純粋に楽しめる方、今後ともおつきあいくださいませ。

 

あいしてる

アタシの顔は真っ赤だったと思う。

告白は男から。
その方が格好がいいと思っていた。

だけど…
こいつの告白を待っていては、一生独身だろうとわかったから。

なにしろ
「アタシ、ドイツに移住しようと思うんだ。」
と言ったらその日の内にチケットの手配をすませてきた男だ。
少しは焦ったらどうだろう…

アイツの手にも同じ便のチケットがあったから、離れるつもりがないことはわかった。
かといって、女として愛されてるのかどうかはわからない。

今度は好きな人がいると言ってみようか…
…だめね。演技力に自信がない…というよりも怖い。
…もし、『おめでとう』なんて笑顔で言われたら…
アタシは壊れちゃうかもしれない。
壊れるのはイヤ。自分でないものになるのはイヤ。
でも、このままでもアタシはアタシらしくない。

だから、告白することに決めた。


----------------------------------------------------------------------------

僕の顔は真っ赤だったと思う。

告白は男から。
その方が格好がいいと思っていた。

だけど…
僕には誇れるものが何もない。
チェロなら僕よりうまい人はたくさんいる。料理だってそうだ。
アノコをひきつける特別なモノが何もないんだ、僕には…

『アタシ、ドイツに移住しようと思うんだ。』
アノコの言葉。僕の頭は真っ白になった。
だから、チケットの用意をすることしかできなかった。

ひきとめる?
…どうして?
そばにいたいから。
…なぜ?
そう、なぜなんだろう?僕とアノコが一緒に暮らすのは。
ずっと昔に願ったはずだ。でも覚えていない。
ただ、アノコの顔が浮かぶだけ。アノコの唇が動く。
○○○○○○
え?今、なんて言ったの?

アノコに渡したチケット。すぐその場で引き裂かれてしまった。
潤む瞳。綺麗な蒼い瞳。『なぜ?』と思う前にみとれてしまった。
僕は、この瞳と別れたくなかったのかもしれない。
だけど…
まただ。また、あの言葉。空想の中のアノコの言葉。
○○○○○○
やっぱり聞こえない。

僕の手に残ったもう一枚のチケット。そちらを渡した。
もう一枚あることに驚いた顔をしていたアノコ。
すごく優しい目をして僕を見てくれた。

僕はアノコと一緒に生きていきたい。
でも、自信がない。
将来アノコに誇れるものが持てるまで、それまでアノコは待っていてくれないだろうか。
でも、僕がアノコに誇れるものを持てるのは、いつになるだろう?
もし、このまま時が過ぎて、アノコの唇が
『好きな人がいるの』と動いたら…
僕は独りになってしまう。
独りはイヤだ。体も心も凍らせるのはイヤだ。

だから、告白することに決めた。


----------------------------------------------------------------------------

 

[あいしてる]...続きを読む

スポンサーサイト

Theme : 二次創作
Genre : 小説・文学

夢の中へ

2009-06-12 | 16:26

「夢の中へ」

 

夜明けはまだなんだろうか。

カーテンの隙間からのぞく空は暗い。

でも、天気予報では、雨が降るともいっていたし…

もしかしたら、10時ぐらいいってるのかもしれない。

 

ベットからゆっくりとおりる。

彼女は出かけたのか…

それなら、やっぱりもう朝なんだろう。

彼女の寝ていたあとに手を触れてみる。

…冷たい

だいぶ前に出たようだ。

 

キッチンに行くと、テーブルの上に朝食の支度とメモ。

メモは読まずにそのまま丸めて捨てる。

どうせ書いてあることはいつもと同じだ。

 

『食事の支度をしてあるから温めて食べて。

 それから…』

 

たぶん、そこから先は書いてないだろう。

でも、何が書きたかったのかはわかる。

『病院にはこないで下さい。』

そういうことだろう。

 

彼女が何故、医学の道を選んだのかはわからない。

時々、その理由を考えることはある。でも、わからない…

彼女が3年前から主治医として担当している患者。

治る見込みも無い精神崩壊状態の女性を、彼女は自ら志願して担当している。

誰もが見放していたのに。

 

国立病院のその女性の病室を訪れると、いつも軽い眩暈を感じる。

ベットの上で起きあがっている女性。29歳になるはずだ…あのころのミサトさんと同じ。でも…違う。

僕の方を見ているのか見ていないのか…

顔をこちらに向けているが、視線をまったく感じない。

焦点のあってない虚ろな瞳を見ていられなくて目をそむけると、きまってベットの傍らに佇む彼女と目が合うことになる。

彼女は寂しそうな笑みを浮かべながらこう言う

『お見舞いご苦労様、シンジ』

 

 

[夢の中へ]...続きを読む

Theme : 二次創作
Genre : 小説・文学

シネマ

2009-07-16 | 20:45

シ ネ マ
 


ワタシは、そっと目の前の現実から目をそらした。
窓の外には雨が降っている。滝のように流れ落ちる雨がワタシ達をこの家に閉じ込めている。
いえ、ワタシ達を閉じ込めているのは、雨なんかじゃない。
…もっとタチが悪いものだ。

意識を目の前の現実に戻す。
すぐに目に入るのは、揺れる長い髪、亜麻色の綺麗な髪。

30代半ばというのが信じられないくらいに綺麗な肌。

空の色?
海の色?
とにかく、自然の蒼を凝縮して人の身に遷したような綺麗な瞳。
とても澄んで、普通の人間が誰でも持つような翳りを映していない瞳。

狂人の瞳。

この人は、ワタシ達のママ。
ワタシ達をこの家に閉じ込めているタチの悪いものだ。

「こら、ユウジロウ。
そんな演技じゃ、いくらシンジでも騙されちゃくれないわよ。」

「だ、だって…」

「いいわけはいらないわ。
さあ、シーン…ええと…マチコ?」

「シーン415。」

「さっきは300番台だった気がするけど…
まあ、いいか。
シーン425、スタート」

何番だろうと意味はない。この人には認識できていないんだから…
ワタシ達が双子だったのか三つ子だったのか、
パパが今、どこで誰と過ごしているのかも判らなくなってもう何年になるんだろう?

[シネマ]...続きを読む

Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。