スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想シンジ無用 第一話

2009-08-19 | 22:40

妄想シンジ無用
         
-第1話-レイ復活                               




「ふう~」

僕は掃除の手を止めて、ふと、傍らの木を見上げる。
樹齢何百年になるんだろう?少なくともこの碇神社よりは古いと思うけど。

小さい頃の僕は、いつもこの木の下でじっとうずくまっていた。
ここで待っていれば、いつかはかあさんが迎えに来てくれると思っていたから。
でも・・・迎えにくるのはきまって・・・

「シンジ、おまえには失望した」
サングラスをくいっとあげてから後ろ手に腕を組む。

「じっちゃ・・・ん・・・」

サングラスの下から突き刺すような視線を感じる。
言い直さないと命にかかわる。

「そ、総司令」

「問題ない」

なんでだよ、問題おおありだよ。和服に髭面のサングラスだけでも異常なのに
御神体を磔になった白タイツ仮面に変えたり、神社の名前を変えようとしたり・・・
特務機関NERV総司令って何だよ?僕んちは神社なのに・・・

「シンジ、なぜ失望したのか聞かないのか?」

「別に知りたくないよ」

「そうか、好きにしろ。
 だが、セントラルドグマの封印だけは解いてはいかんぞ。」

なんか唐突だけど、この木から30メートルほど下ったところに洞窟がある。
3年ぐらい前からセントラルドグマって言われるようになったんだ。言うのはじっちゃんだけだけど・・・

「これを持っていけ、シンジ」

渡されたのは二股に分かれた赤い槍。
これって・・・御神体に刺さってたやつだ・・・

「これはロンギヌスの槍。封印を解く鍵だ。
 もう一度言う。封印はセントラルドグマにあるが解いてはいかんのだ。」

ふう~
つまり、封印を解いてこいってことなのかな。

僕は掃除の続きをはじめることにした。

「シンジ、いくのならば早くしろ。掃除ならば私がやる。」

箒を取り上げられたかわりに槍を持たされ、僕は洞窟へと向かうことになった。

洞窟といってもそんなに広いものじゃない。
ただ、僕がここに入るのは初めてだ。かあさんに入るのをとめられていたから。

少しすすんだ所でもう行き止まりになってしまった。
結局何もない。

ふう~
気が抜けたような感じがして思わず岩壁によりかかった・・・えっ、動く・・・

うわ~

よりかかった壁が急になくなり、僕は暗い坂道を転げていった。

ビッチャーン

水に飛び込むようにして止まった。
あれ、槍がない。

ひとしきり、まわりを見渡す。
この辺りは岩が光っていて少し明るい。

あっ、あった・・・けど・・・この娘だれだろう?

水の底に沈んだ青い髪の全裸の少女・・・槍はその胸に突き刺さっていた。

「死んでるのかな」

どっちにしろ槍が刺さって生きてる人もいないだろうが・・・
僕は様子を見ようと少女に近づいた。
その時、槍の色が根元から変わり始めた。どんどん刃先の方に向けて赤色が抜けていく。

赤色が少女の体に広がって・・・目が開いた。深紅の瞳・・・とても綺麗だ。

何すんのよ~死ぬかと思ったじゃない

バキーン


目が覚めた僕を最初に迎えたのは、じっちゃんの言葉。

「シンジ、あれほど言ったのに封印を解いたようだな。」

いや、あれは事故で・・・

「紹介しよう。セントラルドグマに封印されていたレイ君だ。
 これからおまえの許婚となるから阻喪のないようにな。」

「よろしくね、シンちゃん

僕はまた気を失っていた。




                                              第2話Aへ




スポンサーサイト

Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

妄想シンジ無用第二話Aぱーと

2009-08-26 | 21:32

妄想シンジ無用
         
-第2話-アスカが出たAぱーと                   





「ついに着いたわね。」

竜王のモニターには、太陽系第三惑星地球が大写しにされている。

「地球ね。ユイ様の故郷。よりにもよってここに逃げ込むとは・・・
 まったく、下賎な輩は」

かきあげた金髪には第一皇位継承者の証の髪飾りがみえる。
口の悪いものはじゃじゃ馬姫にお似合いの角だなどというようだが、本人はいたく気に入っている。

「さてと。ケンスケ。トウジ。」

「はっ、なんでありましょうか、艦長」
あらわれたのは皇女付侍人であるメガネの少年。

「艦長じゃなくて姫と呼びなさい。
 ジャージはどうしたの?」

「だれがジャージや、ソウリュウ。」
その名の通りに真っ黒なジャージを着た少年が現れた。

「呼び捨てするな。神聖不可侵な第一皇女をもっと敬いなさい。」

「ワイはヒカリ姫付の侍人や。なんで己の下につかなあかんのや?」

「欠員が生じたのよ。姫の外出にはお付が2人と決まってるんだからしょうがないでしょう」

「ああ、ふられたんやな。」

「違うわよ。加持さんは身分違いの恋にアタシが苦しむのを見かねて身をひいたのよ。
 ああ、第一皇女に生まれてしまったのがアタシの不幸。」

「さっきはおもいっきり誇っていたようだけど」
無言のまわし蹴りがケンスケを吹き飛ばした。

「それで、なんの用や。」

「そうそう。地球に到着したのよ。
 アイツの反応を確認しだい主砲を発砲するわよ。」

「ピンポイント射撃ができる装備はありません。」
いつのまにか復活したケンスケがすぐさま否定する。

「やってもみないうちから何いってんのよ。
 後悔はやってからするものよ。発砲。」

「いかん、男は飛び道具なんぞに頼らんで、やっぱり肉弾戦や。」

「そうそう。下におりればいい男も捕獲できるかもしれないし。
 なにより、僕の竜王が傷つく心配がない。」
別にケンスケの持ち物ではないが、彼は竜王が傷ついたり、弾薬が無駄に消費されるのを嫌う。
竜王が傷つくくらいならトウジやアスカ姫が傷つくほうがずっといい、彼は本音の部分も隠さない正直な少年だった。

ガスン

今度はガゼルパンチがもろに決まった。

いい男の捕獲
捕獲という所が気になるが、これはアスカ姫に決断させるに十分だった。

「地球に降下。
 ベースを確保後、適性体の殲滅およびアタシの男の捕獲作業に移る。」

「切実やな~」

ゴスン

そうよ、ヒカリにさえこいつがいるのに・・・
何故、眉目秀麗おまけに知勇兼備なアタシに男がいないわけ?

まけられないのよアタシは・・・


もはや、作戦の重点がずれ始めていることに彼女は気づかなかった。





                        第1話へ              第2話Bへ




Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

妄想シンジ無用第二話Bぱーと

2009-09-06 | 21:48

妄想シンジ無用
         
-第2話-アスカが出たBぱーと                           





ごく普通の通学風景。
シンジの家から第三市立中学校までは直線距離で5km。
その距離をシンジは、碇家の教育方針により徒歩で通学している。

「綾波」

シンジが隣を歩く青い髪の少女に声をかけた。
ただ、その少女の反応は鈍い。
キョロキョロ辺りを見まわし、自分たちの他に誰もいないことを確認する。
まさかとは思うけど・・・という感じで自分を指す。

「私のこと?しんちゃん?」

「あ?
 ああ。
 言ってなかったか。僕、自分の持ち物に名前をつけるのが癖なんだ。」

「?」

「ほら、この靴はイスラフェルで、この鞄はアルミサエルっていうんだよ。」

「・・・そして私には綾波ってつけたの?」

「・・・いけなかったかな。」

不安そうにおどおどしはじめたシンジを見て、レイはにやにや笑いを浮かべた。

「私はしんちゃんのものですから、どうぞお好きな名前をつけて下さい。
 ね、私の旦那様

ロンギヌスの槍でシンジの頬をプニュプニュしながらレイがささやく。
猫がすりよるように身を寄せたものだから、シンジの顔がみるみる真っ赤に染まる。

「や、やめてよ、綾波。
 それと槍なんて持って学校にいけるわけないし、どこかにおいていきなよ。」

「だめよ。これがないとペンペンが呼べないもの。」

「ペンペン?」


              ○○○○○○○○

30分前の
竜王艦内


「列島の内海に着水しました。レイの反応は微弱。大まかな方角のみの推定になります。」

「加持さんの反応は?」

「ありません」

「まだ、未練があるんかいな、しつこいの~」

ゴック

ぐわっ

「加持さんは兄とはいえ妾腹。到底、第一皇女であるアタシの結婚相手としてふさわしいとはいえないわ。
 でも、だからこそ加持さんは黙って身を引いたのよ。いつかアタシにふさわしい身分を勝ち取ってアタシを迎えにくるはずだわ。」

「そないいうんなら黙って待っとれや。」

ズゴック

うぐっ

「いいえ、待ってるだけではいけないわ。未来の妻としては夫(予定)の仕事を手伝わなければならないわ。」

「なら男狩りはなしやな。」

「それはそれで実行よ。もし加持さんが現地妻もってたら・・・」

「結局、信じとらんやないか」

ハイゴック

がっ

「ちょっとまてや。さっきから変な擬音を発する技かけよって。
 ハイゴックってワイはどんな技かけられとんのや?」

「艦長、そろそろご命令を」

「最優先事項はわかってるわね。」

「「御意」」


              ○○○○○○○○

通学路

「そ、ペンペン。私の親友よ。
 今度紹介してあげるね」

「うん。ありがとう、綾波」

「いいのよ。私達、許婚じゃない。」
白い頬がほんのり紅く染まるのがとても可愛い。
僕は吸い寄せられるように綾波に近づいた。



通学路脇の茂みに潜む三人組。正直いってとても怪しい。

「で、なんか当てがあるんでしょうね?」

「はっ、アスカ姫のご希望をインプットしたサーチャーから報告がありました。
 もうすぐここを通るはずです。」

「あそこで抱き負うとるやつやないか?」

レイを抱きしめているシンジ。
正気に戻ったシンジが慌てて離れていく。

シンジの顔がこちらを向いた。

「なかなか可愛いわね。」

「そうでしょう?探すのに苦労しました。」

「でも・・・

 女連れ探してきてどうすんのよ

ザクマリン

せめてザクマリナーにして欲しかったあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


「フン。連邦系は邪法よ。」

「で、どないすんねん。」

「いまさらあきらめるのも癪にさわるわね。
 ・・・そうだ。
 ふふふふふふふふふ」

皇女らしからぬが、とてもアスカらしいわるだくみ笑いを浮かべつつ、
アスカは出走の体制に移った。



                        第2話Aへ              第2話Cへ

Theme : 二次創作:小説
Genre : 小説・文学

妄想シンジ無用第二話Cぱーと

2009-11-14 | 07:17

妄想シンジ無用
         
-第2話-アスカが出たCぱーと                           



「何しとんや?」

クラウチングスタートの態勢をとったアスカにトウジが聞く。

「ヒカリに聞いたことがあるの。恋愛は体当たりから始まるって」

「?」

「いいからアンタもアタシに続きなさい。
 い~い。コツは低い態勢から相手の腰から下にぶつかり、両手で相手の足を抱えて押し倒すことよ。
 わかったらGehen!」

ダダダダダダダ

ドカッ

「「ぐっ」」

「ずらかるわよ」

「まるっきり山賊やな」

ダダダダダダダ

              ○○○○○

竜王艦内

肩に担いだシンジをおろして息をつくアスカ

「よーしって・・・アンタなんで女まで連れてきちゃうのよ?」

「なんや、いらんのか?
 続けいうからこっちもいるんかと思った。」

肩に担いでいたレイを下ろす。
完全に気絶しているようだが、槍はしっかり抱えたままだ。

「いらないなら俺がもらうよ。」

いつのまにか戻っていたケンスケが、いそいそとレイに近づいていく。

アッグ

俺ってこればっかあああああ

ゆっくりと立ち上がるシンジ

「そ、そんな。皇家の秘技を何で使えるの?」

唖然と立ちつくすアスカを押しのけて、シンジの前に立つトウジ

「ワイの名はトウジ。名は?」

「シンジです。」

「ほうか。
 アッグの次ならアッガイやな。
 アッガイならヒカリにくらったことがあるからワイには通じん。
 いくでーーー、シンジ」

ジュアッグ

そんなアホなああああああ


「バカ」
呆れ顔のアスカがゆっくりと着ているものを脱ぎだす。

復活したケンスケとトウジがじっと見ている。
シンジは・・・アルミサエルを顔の前に持ってきて必死に視界をふさいでいる。

「見て」

うんうん、首を頷かせて近づくケンスケとトウジは、アスカのまわしげりによって完黙。

「ほら、見てよ、シンジ」

顔を上げるシンジ・・・
見る見る不満げな顔になる。

「何ふくれてんのよ?これは皇家の戦闘服でプラグスーツっていうのよ。
 そして・・・」

いったん間をおいたアスカが舌なめずりをして唇を湿らせ、ニヤッと笑みを浮かべる。
なんとなく肉食獣を連想させる表情だ。

「これがアタシのチカラ」

フオン

真っ赤なコブシ大の球体が現れた。
続けて同じものがいくつも・・・全部で12個。

「こいつは皇家の力を凝縮したものよ。アンタが何者なのかは後でゆっくりと肉体に聞いてあげる。
 ビット達、おゆきなさい。」

ヒュン
ヒュン
ヒュン

あらゆる方向から少しづつタイミングをずらして、襲いかかってくる球体。
シンジにはなすすべがなかった。

両手両足をビットに包み込まれ、挙句は腹に体当たりをくらって完全に沈黙したシンジ。
アスカがゆっくりと近づいてくる。

ピーン
「反応。パターン青。レイの反応です。」

「どこにいる」

「艦内です。」

全員の視線が倒れたままのレイにむかう。
そしてお互いの顔に視線をうつす。
同時に全員が理解した・・・
誰もレイの顔を知らない。

「重犯罪者ファイルと照合しますか?」

時計に目をやり、小さく欠伸をしながらアスカが言う。

「ちょっと寝るから、後にしましょう。閉じ込めときなさい。
 あっと、シンジも夜伽をさせるのは明日からにするから別のところに監禁しといて。」

「夜伽・・・」
鼻血をふいて倒れるケンスケ。

意味がわからなかったトウジは平気な顔をして二人を担いでいった。




                        第2話Bへ              第2話Dへ

Theme : 二次創作
Genre : 小説・文学

妄想シンジ無用第二話Dぱーと

2009-11-24 | 19:28

妄想シンジ無用
         
-第2話-アスカが出たDぱーと                           



ギャラクシーポリス中央星域第13管区派出所

「マユミちゃーん」
妙に明るく朗らかな声。
読んでいた本を傍らに置き、入り口の方を眺めやる。

声に少し遅れて現われたのは童顔の女性。
これが一級刑事だとは誰も信じないだろう。
私だってこれが相棒だとは信じたくないもの。
傍らの本に目をやる。
表題は「手軽にできる性格改造マニュアル」・・・
残念ながら、こんなもので改造できるほどの柔な性格じゃあないのよね。

「マユミちゃーん、大変なの。」

「なんなの?マヤさん。」

「マヤでいいわよ、相棒じゃない。」

「それで?」

「コンピューターが大変なの。」

「またいじったの?私がいないときはいじらないでっていったじゃない。」

「メールを受け取っただけなのに~」

「誰の?」

「いやん、マユミちゃんのえっち

誰からのメール?

「リツコお・ね・え・さ・ま

手配中の犯罪者と文通するなっていったでしょう

ピー

「ファイル消去完了しました。」

「「・・・・・・」」

「完了したって、マユミちゃん。」

私は椅子に座りなおし、傍らの本を取り上げて読書を再開した。
『ファイルの消去』ですって?確かめるまでもなく重犯罪者ファイルが消去されたんでしょうね。
これまた確かめるまでもなく、ギャラクシーポリスの中央コンピューターとつなぎっぱなしだったろうし。

「どうなっちゃうんだろう?」

「なになに?どうしたの?」


                                                               ○○○○○

竜王独房

シンジがいる。
ビットからは解放されているが、牢から出る術はもちろん無い。
「どうなっちゃうんだろう?」
ため息がどうしても止められない。

「ねねねねね。
 あなた地球の人でしょ?」

びくん

驚いた。こんな近くによるまで気付かなかった。
目の前の檻の向こうにいるのは同い年ぐらいの少女。そばかすが目立つけど、なかなか可愛い娘だ。
とりあえず洞木と名づけよう。

「どうなの?」

「そうだけど。あの、助けてくれないかな?」

「私の頼みを聞いてくれたらいいよ。」

                                                               ○○○○○

寝室

「ホンとにとってくれば地球にかえしてくれるんだね?」

「もちろん。髪飾りがあれば今度は私が第一皇位継承者だもの。
 アスカお姉様も逆らえないわ。」

「仲悪いの?」

「もちろん

こんなにきっぱり、にこやかに肯定されるとは思わなかった。

「とっとと行く。」

ドン

「トットトト」
ガチャ
「トトトトット」

態勢を崩しながらも器用にドアを開けて入っていった。

                                                               ○○○○○

竜王独房

ミスターK「トウジ、ここだよ。」

ミスターT「ケンスケ、名前で呼び合ったらト書きで隠しとる意味が無いんとちゃうか?」

ミスターK「そうかな?
      とにかくレイかどうか確認しよう。」

ミスターT「重犯罪者は極刑やな。」

ミスターK「ギャラクシーポリスにつきだせばね。」

ミスターT「????
      どうする気や?」

ミスターK「魚心在れば・・・ってやつさ。」

ミスターT「ようわからんがようわかった。
      ほれ。」

携帯端末を気絶したレイにくっつけ、DNA照合を開始する。

ピー
「照合完了。該当犯罪者なし。」

「「ひと間違いか(やな)」」

ボム

携帯端末が爆発した。
レイの瞳が・・・深紅の瞳が開く。

                                                                ○○○○○

寝室

ベットに眠る少女。
アスカだったっけ。
さっきのプラクスーツ姿もよかったけど、こんな姿もいいな。
モン吉スーツを着ているアスカを上から下まで見る。
頭もスーツに隠されてるし・・・まずは脱がさなきゃ。

頭に手をかける

「うーん」

あっ。頭を抱えるようしてまるまっちゃった。
背中ごしに作業するしかないのか・・・
この際全部脱がしちゃうか。

背中のチャックに手をかける。

「うーん」

あっ。また寝返りってまずい。

ビリッ

なんて弱い素材なんだろう。胸のあたりまで裂けちゃった。
おまけに左手はアスカの胸の上。

ふにゅっ

柔らかいや・・・ってなんで????

裂けたスーツから見える右胸が・・・微乳?????

でも・・・左手のスーツ越しの感触は・・・

ふにゅっ

豊乳?????

右手をおそるおそる伸ばす。

ぴたっ

左手
ふにゅっ

右手
ぴたっ

「・・・上げ底」

みたわねーーーーー

金髪碧眼の美少女(モン吉スーツ残骸着用)の手が伸びる。


    第2話Cへ              第2話Eへ

 

Theme : 二次創作
Genre : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。